ホーム > 職場の健康づくり



健康支援ディアスは、プロの産業保健師集団です。

私たちの人生の大半は仕事に従事しています。働く人たちが、健康でいきいきと仕事に取り組むことができるように、職場環境に合わせて、従業員1人1人を大切にした様々な健康づくりの方法をご提案いたします。

自分で自分の心と身体のケアができる従業員を育て、職場環境を整えることで、生産性の向上・職場の活性化までをサポートしていきます。

職場の健康づくり

職場の健康づくり

労働安全衛生法の健康診断に限らず、労働契約法、労災補償保険法の観点からも、従業員の心と体のケアは会社にとって重要課題です。従業員の「健康と安全」を確保することは、業績や人材確保の面でも大きなプラスにつながります。

職場の健康づくり

開業保健師は、職場のニーズに合わせ、従業員一人一人の心と体の健康をトータルサポートします。 短期(半日~OK)・長期に関わ らず、必要に応じて産業保健師として赴任し、産業医との連携もしながら、健康相談、健康教育などを行います。

職場の健康づくり

職場の健康課題を必要に応じて分析し、解決策を専門的な立場から提案、実施します。例えばメタボなどの生活習慣病対策だけでなく、うつ病などの心の不調を訴える人への対応、従業員全体へのストレス対策など、幅広い支援が可能です。

職場の健康づくり

職場の健康づくり

「出張健康相談」健康診断結果に基づく保健指導をします。

健康診断結果をそのままにしている従業員はいませんか?健康診断に基づき、生活習慣・職場や家庭環境の中で何を改善するべきかを総合的に分析し、心身ともに健康で過ごせるように指導します。

「出張保健室」(1日よりOK)従業員が気軽に健康相談できる場所を短期で設置します。

◎事業所に保健室がない場合、保健師の短期滞在を実施。
◎定期的に設置することで従業員の健康トラブルを未然に防ぐことができます。

職場の健康づくり

専門家による心と体の健康維持・向上のセミナー

◎新入社員や中間管理職の心と体のマネジメント研修(座学)
◎心身の健康を向上するセルフケアプログラムの実施(実技)
◎職場の課題に合わせた健康セミナー(例:健康診断の正しい見方セミナー)

職場の健康づくり

従業員の病気や心身の不調を予防するオリジナルプログラムを作成します。

◎インフルエンザ予防 ◎熱中症予防 ◎うつ病予防 ◎禁煙 ◎メタボ予防 ◎腰痛・肩こり予防 ◎不眠症予防

職場の健康づくり

専門家が女性の働きやすい職場づくりをサポートします。

◎事業所内託児所設立に対するコンサルティング
◎出産後職場復帰の為のマニュアル作成、仕組み作りのアドバイス
◎妊娠・出産・育児に関する相談、介護相談

 

小さなことからでも、できることから職場を変えてみませんか?

職場には、保健師・看護師などの産業看護職がいますか?

→定期的に保健師が職場に伺って、従業員のみなさまの心と体の健康相談をします。困った時に何でも相談できる医療・福祉の専門家が職場にいる安心感を実感して頂けます。従業員を大切にしている証拠として、企業のイメージもアップします。

定期健康診断、やりっぱなしではないですか?

→健康診断結果から、病気のサインを早めに見つけて対処することで、大事な人材を健康被害から守ることができます。

産業医とのコミュニケーションはとれてますか?

→産業医を上手に使う方法があります。常に忙しい産業医と連絡を取りながら、従業員のみなさまの健康づくりを支援します。

職場にうつ病で休職中の従業員がいませんか?うつ病への対応に不安はないですか?

→うつ病は発生させないのが一番。うつ病は予防できます。

メンタルヘルス対策をしていますか?

→企業の義務です。職場に合わせた方法でサポートします。

職場の人間関係、セクハラやパワハラなどで、お困りではないですか?

→コミュニケーションがうまくとれる従業員を育て、職場の風通しを良くします。

毎年の新人教育、中間管理職教育などに高い講師料を払っていないですか?

→研修・セミナー講師としての多くの経験を生かして、集団教育を致します。

定期的に安全衛生委員会を開催し、衛生管理者による職場巡視をしていますか?

→保健師は健康管理のプロであり、さらに衛生管理者の資格も持っています。

インフルエンザ、メタボ、熱中症、腰痛・・・どんな対策を立てればいいでしょう?

→職場の環境に合わせた対策マニュアルの作成や、季節ごとのニュースペーパーの配布などで従業員の意識を高めます。

職場に活気はありますか?従業員1人1人が仕事に前向きに取り組んでいますか?

→コーチングスキルを使って、従業員の生きがい、やりがいをサポートします。

職場の健康づくり

ホーム > 職場の健康づくり

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る